忍者ブログ

さかだちマンモスの足跡

さかだちマンモスの無軌道な足跡を残していくブログのつもりでしたが、無軌道に疲れたので軌道に乗りたいブログ。(2016.4.29)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思い出の「デッドリーフレンド」

はい、こんにちは。
 今回の思い出話は、子供の頃にテレビで放送された映画「デッドリーフレンド」です。

 このブログの思い出記事は、基本的に「思い出」なので、真実性の高い内容は少ないです。
 あやふや、うろ覚えが普通の状態なので、許してくださいね。

 さて。

 どこの局で放送されたのか、さっぱり覚えてません。
 でも、当時は金曜ロードショウ、土曜洋画劇場、日曜洋画劇場とか(タイトルはうろおぼえです)一週間を通して年中映画が放送されてたような気がします。
 下手をすれば深夜に放送される映画を見たりできるわけですね。

 で、タイトルの「デッドリーフレンド」ですが。
 
 みたのは小学生当時だったような気がします。
 なんていうジャンルだったんですかねえ。
 あらすじは、科学少年が、ロボットつくってる。恋人が死ぬ。ロボットの人工知能的な部分を恋人の脳に埋め込んで生き返らせる・・・。
 でも、ロボットは悪い人たちにいじめられていて、その記憶が残ってたんですね。
 新しい人間のカラダで復讐も果たしていき、そして・・・、という感じだったと。
 
 映像的にグロかったイメージがあります。
 死んだ恋人の脳みそにチップを埋め込むシーンもあったような、なかったような。
 (検証しないところがこのブログのいいところです)
 ああ、蘇った恋人(ロボット)が、体育館でバスケットボールをぶん投げて、いじめっこの頭を砕くシーンがあって、映像的にはグロいと思ったんですけど、それくらい強く怒っていたんだな、と妙に納得したような気がします。
 
 今思い返すと、ホラー映画の類だったんですかね?
 SF作品だという感覚でいたんですが。映画作品としてはホラーっぽいような気がして。

 結局最後は、恋人の記憶とちゃんぽんになって、動きも人間ぽくなってきて、主人公の化学少年のことも思い出したんだっけか。
 最後はどうなったのか、覚えてません。
 結局動かなくなっちゃったんだっけか。もしくは炎に身を投げるとか。あれ?
 でも事態は収束したけど、主人公的にはやりきれないような最後だったような気も。

 とにもかくにも。

 この映画も、今思い出すくらいなので、なんか影響を強くもらった作品でした。
 「デッドリーフレンド」でした。

拍手[1回]

PR

さかだちマンモスを終焉させようと思ったんだけど

こんにちは。
ほしなとおるです。

【さかだちマンモスの終わり?】

2014年くらいから始めた【さかだちマンモス】。

本気で終焉しようと思いました。
まあ、このブログを見ている人がいるかどうかはわかりませんが^^;
そしてどうでもいいと思いますが><

「~終焉」という記事まで作成したんですね。
先日まで公開してました。数日ですけど。

【いつまでも、さかだちというわけにはいかない】

嫁さんもいて、子もできて「さかだちマンモス」どころじゃないだろー。
というような現実の問題がひしひしと重圧をかけてくるわけです。

そんで「さかだちマンモスは終わりにしよう」「わたし個人のサークル活動のために家族を犠牲にするわけにはいかない」などと思ったわけです。

それは恐らく、まったくその通りではないでしょうか?
そうでなくてはいけませんよね?

そう思っていたのですが。
このブログにもなかなか目を向けられなかったんでですが。
そんで終焉の記事も書いて、閉鎖にむけた整理をしてたんですが。

【あれれ?】

そういえば、ブログのカウンタもあったな。
5000台の数字になってる!うそ。そんなことあるんだ?
あれれ?見てもらってる部分もあるのかな?何かで怒られたりして(汗)

などと思い、さかだちマンモスの個人サークル活動を続けるやりがいもあるのかな。
などと勝手に思ったわけです。
全部当方の勝手な思惑ですので、皆様は冷ややかな目で見ていただいて、大丈夫ですからね^^

【個人で続ける意味ってなんだろう?】

誰もみないような同人誌だって、社会に放り出す以上、内容に気を使います。
そういう性格なんです、私。
でも、やってみたいこととか、描いてみたいことも多々あります。
「やりゃいいじゃん」という声も聞こえてきそうです。
もうビートルズの「HELP」王様の直訳バージョンのような感じです。

いろいろ見聞きし分かりする年齢になりすぎたのでしょう。
妻子ある身として。

でも「いいトシ」なんて言葉に負けたくないからやってる面もあるわけで。
現実の事情と個人の事情がせめぎあう中で、どうするべきなのか。悩むわけです。
今飲酒中なのですが、少しお酒でも飲まないとこんな文章は書けませんね^^;



「さかだちマンモス」終焉については、思案中…。

拍手[1回]

家事にどっぷりはまる

最近いろいろあって家事に従事してます。

なんでこんな出だしなのかといえば、本当にそればっかやってるからです。
そんなに嫌でもないわけで。

むしろ本気で家事をすると、大変というよりも充実感がすごい。

そのかわり一日が終わるとへとへとになるけれど。

食材、食料、美化整頓、調理に給仕、出納などなど。
無駄を押さえつつも、欲求は満足させる食事をつくりたい、とか。
家の人数が多いほど(二人以上)やりこなせると達成感がある気がする。

自分の視界に収まる、把握できる仕事量とか計算が成り立つからいいんだと思います。

そんなわけで家事にずるずるハマってしまって困ってしまって。

お仕事というのもこれくらいの視界の範囲でできればいいのになあ。
小さい範囲をしっかり守る、という感じで。

だんだん慣れてきたので、少し空き時間がつくれるかな・・・。

拍手[0回]

ゲームつくりたい編 その3 Almightをかじる

Almight
こんにちは。
ゲーム開発ツール、Almight。
ここはその詳細を説明するページでは、ありません。
触れてみた私の雑感のページです。

HTML5によって各種プラットフォーム対応のゲーム(主にノベルゲーム?)の開発ができるツール、Almight。
吉里吉里互換。
うん。よしざとよしざと。

試してみた
Almightとティラノスクリプト、両方未知のツールだったので、公式ページに従い両方の開発環境をセッティングし、チュートリアルを試してみました。

そこまでの感想としては・・・

Almightの公式ページのほうが、案内がみやすいかな~。
無知な私でも、それなりにセッティングや概要がわかって、なんかできそうな気にさせてくれます(笑)
チュートリアルがかなり手取り足取り感があって、なるほどなるほど、と読み進められました。

ティラノスクリプトの公式ページは、たくさんの関連情報とか説明があります。
チュートリアルも十分わかりやすいのですが、いかんせん用語に疎い私です。
開発環境にあったツールのバージョンを明確に「これだ!」ということができませんで「たぶん・・・これだろうなあ」という状態になってしまったのが、惜しいところでした。
もちろん。
惜しいのは「わたし」です。惜しい!

そのような結果ゆえ、まずはAlmightを使ってみることにしました。

タグとかマクロとか
すっごく基本的な部分として、テキストのシナリオにコマンドとしてタグをくっつけて、文を読み込みつつ処理する。インタプリタというんですか?
そういう仕組みみたい。
タグを自作することもできて、よく使ったりするのをひとまとめにして、新しいタグとして利用するのがマクロ。
ふむふむ。
そんな高度なこと、わしにゃわからん。
用意されてるマクロを使えるので、便利便利であります。

めんどい部分は用意されてる
ノベルゲームという明確な方向性があるなら、回想とかCGモードとか、そういうのも用意されてるし、足回りはいい感じに用意されてますです。
タグで分岐とか、パラメータ的なものとか、扱えます。
if文だけわかってれば分岐がつくれるので、すぐゲームの骨格がつくれることしょう。

ところが
シナリオをつくったり、ゲーム的な分岐を試していたところ・・・。
なんか予想通りにいかない部分が・・・。
え、なんで?
変数の代入と分岐の組み合わせで、混乱が生じたわたし。

???

解決は一応したのだけれど、よく理由がわからなくなってしまいました。

そこで、同じ吉里吉里互換のティラノスクリプトで同じシナリオを試してみて分岐がうまくいくのか?そういうのを試してみよう、というわけでありました。

今回はここまで。

拍手[0回]

ゲームつくりたい編 その2 開発ツールを探す!

無料のゲーム開発ツール
はい。
この記事は、それらを紹介するわけでは、ありません(爆)
検索すればそのようなページはあちこちにありますので、レッツ検索してみてくださいませ。

無料のゲーム制作ツールってどれがいいの?
私が聞きたいくらいです(笑)
なにがいいんでしょうかねえ?
恐らく「どんなゲームがつくりたいんですか?」というごく普通な質問をされるのではないでしょうか。
RPGがつくりたい?
アドベンチャー・ノベルゲーム?
アクション?
3Dのガンシューティング?
パズル?
などなど・・・というところでしょうか。

きっと、ゲームつくりたい!という皆様は、明確なビジョンがあるんでしょうね。
ゲームに詳しく、たくさんの知識経験があるのでしょう。

私の望むツールは!?
「楽につくれて、汎用性が高いのがいいなあ」
成果物に明確なビジョンがないんですね(爆)
それでもいろいろ調べました。
RPGに適してそうなもの、ノベルゲームに適してそうなもの・・・。
本格的な3D素材を扱ったゲームが作れそう、というようなもの。
でも私の望む要件として「楽で汎用性が高い」の中には、遊べるプラットフォームが広いのがいいなあ、というのも含まれているのでした。

要は、どんなパソコンでもスマホでもタブレットでも遊べるマルチプラットフォーム対応ツールなら、移植とか考えなくて楽そうだなあ。ということです。

ティラノスクリプトとAlmight(オールマイト)
・・・。
これか、これなのか?
なんか近しいものが、あったような・・・。
知らない単語が山ほど使われていました。
吉里吉里互換・・・?
よしざとよしざと?「よしもとよしとも」みたいな感じか?
(きりきり、って読むの?)
ま、まあいいや。
ノベルゲーム作りに向いてるという扱いで、HTML5対応で、HTMLとしてブラウザで遊ぶゲームも、それをPCゲームとしてexe形式にすることもできる、と。
おお!
素晴らしい、すらばらしい!
なんか、ティラノスクリプトとAlmightは近しい感じなので、好きな方をつかってみるのがいいのかな?という印象です。

こんな程度の知識のオトコが果たして何かできるのか?
気楽にゴー。

拍手[0回]

プロフィール

HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
地味に創作活動中。
描画ツールはFireAlpacaが好き。
総合的な調整はGIMP。
あといろいろお試し中。

フリーエリア

P R