忍者ブログ

さかだちマンモスの足跡

さかだちマンモスの無軌道な足跡を残していくブログのつもりでしたが、無軌道に疲れたので軌道に乗りたいブログ。(2016.4.29)

ゲームつくりたい編 その3 Almightをかじる

Almight
こんにちは。
ゲーム開発ツール、Almight。
ここはその詳細を説明するページでは、ありません。
触れてみた私の雑感のページです。

HTML5によって各種プラットフォーム対応のゲーム(主にノベルゲーム?)の開発ができるツール、Almight。
吉里吉里互換。
うん。よしざとよしざと。

試してみた
Almightとティラノスクリプト、両方未知のツールだったので、公式ページに従い両方の開発環境をセッティングし、チュートリアルを試してみました。

そこまでの感想としては・・・

Almightの公式ページのほうが、案内がみやすいかな~。
無知な私でも、それなりにセッティングや概要がわかって、なんかできそうな気にさせてくれます(笑)
チュートリアルがかなり手取り足取り感があって、なるほどなるほど、と読み進められました。

ティラノスクリプトの公式ページは、たくさんの関連情報とか説明があります。
チュートリアルも十分わかりやすいのですが、いかんせん用語に疎い私です。
開発環境にあったツールのバージョンを明確に「これだ!」ということができませんで「たぶん・・・これだろうなあ」という状態になってしまったのが、惜しいところでした。
もちろん。
惜しいのは「わたし」です。惜しい!

そのような結果ゆえ、まずはAlmightを使ってみることにしました。

タグとかマクロとか
すっごく基本的な部分として、テキストのシナリオにコマンドとしてタグをくっつけて、文を読み込みつつ処理する。インタプリタというんですか?
そういう仕組みみたい。
タグを自作することもできて、よく使ったりするのをひとまとめにして、新しいタグとして利用するのがマクロ。
ふむふむ。
そんな高度なこと、わしにゃわからん。
用意されてるマクロを使えるので、便利便利であります。

めんどい部分は用意されてる
ノベルゲームという明確な方向性があるなら、回想とかCGモードとか、そういうのも用意されてるし、足回りはいい感じに用意されてますです。
タグで分岐とか、パラメータ的なものとか、扱えます。
if文だけわかってれば分岐がつくれるので、すぐゲームの骨格がつくれることしょう。

ところが
シナリオをつくったり、ゲーム的な分岐を試していたところ・・・。
なんか予想通りにいかない部分が・・・。
え、なんで?
変数の代入と分岐の組み合わせで、混乱が生じたわたし。

???

解決は一応したのだけれど、よく理由がわからなくなってしまいました。

そこで、同じ吉里吉里互換のティラノスクリプトで同じシナリオを試してみて分岐がうまくいくのか?そういうのを試してみよう、というわけでありました。

今回はここまで。

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

プロフィール

HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
地味に創作活動中。
描画ツールはFireAlpacaが好き。
総合的な調整はGIMP。
あといろいろお試し中。

フリーエリア

P R