忍者ブログ

さかだちマンモスの足跡

さかだちマンモスの無軌道な足跡を残していくブログのつもりでしたが、無軌道に疲れたので軌道に乗りたいブログ。(2016.4.29)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Blenderでソファをつくりたい!3台目 しわしわクッション

はい。
前回、カンタンに布っぽいクッションをつくる方法というのをみつけました。
なので、今回はそれでカンタンにソファのクッションをつくろう~、とお気楽気分でございました。

「木の枠に、薄手のフトンみたいなマットを敷いて、そこにおっきいクッションをのせる」
という構造のソファにしようと決めましたので(ネットで画像を見て気に入ったので)挑戦。

そこで思いつき。
・木枠をつくる。
・マットをカンタンクッションのようにつくる。
・マットを物理演算で木枠に乗っける。
すると、木枠にマットがぐにゃりと乗って落ち着くのでは??

前回試した「物理演算」が気に入ったので、今回も試すのです(笑)

で、作成した木枠の上にマットが乗ってる状態がこちら。


これで、木枠を衝突対象にして、マットを「クロス」にして、物理演算すれば・・・
「敷かれる」はず・・・。

ではレッツビギン!



!?
しわしわ!?
ぷしゅうぅぅ・・って、あなた・・・(涙)

別に綿が入ってるわけでも、空気が詰まってるわけでもなく。
ただ「膨らんでいるように見える状態」だっただけなの!?

宇宙空間で膨らんだ形状の袋(空気なんか入ってない)があるだけ、という状態なのか!?
だからマットがしわしわおばあさんに・・・。

というわけで、次回の目標。
普通にマットとクッションをつくります。

いやあ3DCGって楽しい。


拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

プロフィール

HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
地味に創作活動中。
描画ツールはFireAlpacaが好き。
総合的な調整はGIMP。
あといろいろお試し中。

フリーエリア

P R