忍者ブログ

さかだちマンモスの足跡

さかだちマンモスの無軌道な足跡を残していくブログのつもりでしたが、無軌道に疲れたので軌道に乗りたいブログ。(2016.4.29)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Blenderで絨毯をつくりたい!4枚目 テクスチャ絨毯

パーティクル、ヘアーでオブジェクトに毛を生やす。
平面オブジェクトに毛を生やす。
面を細かく分割して、頂点グループ化で色分けして模様を描く。
あと細かい模様は根性で設計・・・。

もっとカンタンにならんかなー。テクスチャで何とかならんかなー。

と、情熱に火を点し、ネットで検索。先人の知恵を拝借。

むむ?できるかな?

テクスチャで絨毯

まずは絨毯用のテクスチャを用意します。

Gimpで自作した、なんか毛っぽい画像です。
カーペットの写真からブラシ化したのを使って適当につくりました。

で、いつもの平面メッシュを用意。

マテリアルを一個作って、テクスチャを一個作る。
テクスチャの種類では「画像または動画」を選んで、画像という項目で「ファイル開く」から今回用意した画像を開きます。
(というわけで、画像上のプレビューで表示されています)

前に「木目」とか用意されてたテクスチャを使ったことはあった。
今回は用意した画像を使うというだけで、やることは同じですね。きっと。

で、そのままレンダリング。

うん。
カーペットです。模様のついたカーペットです。完成!

・・・って。
フェイクのビニル製の壁紙のような感じ・・・?

もう一声!頑張りましょう!

バンプマップ

そう、どこかのチュートリアルで「バンプマップ」というのを見ました。
平面だけど、光の反射の計算で、でこぼこに見せかける!という技だとか。
「影響」という項目にありました・・・。チェックのポン。


ジオメトリの「ノ」の項目を5に設定。(デフォルトの1では変化量が少なすぎたので)
バンプマッピングの品質は最高。空間はビュー。
(意味はわかんないけど、色々試してるだけです)

うん。なんかカゲとか光らしき点が出たりして、質感が出た気がする。
こういう感覚でいいのかな。

スペキュラの「カ」にチェックしたら、白いノイズみたいな点が消えて自然ぽくなった。


あとは、いろいろ設定項目をいじりまわして、身体で色々覚えていけばいいのかなと。

マッピングの座標を「生成」から「グローバル」に変えたら、少し密な模様になった。

生成は画像を当て込んで引き伸ばしたり縮小したりして使う感じ?
グローバルは端の点を合わせて貼って、足りないとこは別項目の設定に依存かな。

画像がオブジェクトより小さかったから、空いた部分はリピートして埋めてるみたい。
(イメージマッピングにそういう設定項目があった)

せっかくなので、同じ画像テクスチャを重ねてみる。

うん。
・・・もさもさ?

今回のポイント

テクスチャでの質感にはバンプマッピングがある。
影響のジオメトリの「ノ」にチェックして設定だ。

思ったこと

素材とやり方の兼ね合いかもしれないけど、ちゃんと質感を与える場合、テクスチャでも詳細の設定とか重ね方とかを修練しないと「ホンモノ」っぽく見せるのは難しそう。
でも、かなりいい線いくかも。
毛を生やすよりPCの処理が軽くてうれしいかも。早くて。

次回の目標

今までつくった、イス、ソファ、絨毯をつかって、ちょっとした部屋をつくりたい。
じゃあ、窓とカーテンも必要だ。うん。
まずは窓とカーテンを作ろう。

ということで窓とカーテンです。(景色ってどうしよう)

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

プロフィール

HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
地味に創作活動中。
描画ツールはFireAlpacaが好き。
総合的な調整はGIMP。
あといろいろお試し中。

フリーエリア

P R