忍者ブログ

さかだちマンモスの足跡

さかだちマンモスの無軌道な足跡を残していくブログのつもりでしたが、無軌道に疲れたので軌道に乗りたいブログ。(2016.4.29)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ボンバーマンの思い出

ボンバーマンですね。
ファミコンですね。

詳しいことは検索してくださいね。ここは思い出を語るだけなので、正しい設定とかは何にもないですからね。よろしくお願いしますね。

というわけでボンバーマンの思い出ですね。

まずボンバーマンは爆弾の爆発で敵を倒したり壁を破壊して道をつくったりして、出口を目指すゲームでした。
ボンバー!という割に、初めは結構地味で。爆発は弱いし、足は遅いし。
「えー、なにこれ」と小学生の頭では思ったわけです。

そのうち、慣れてきて敵の効率的な倒し方とかがわかっていったり、爆弾の設置数が増えたり、爆風が強くなったりして派手になってくるのですが。

最後は無敵状態で爆風の男として処理速度がガタ落ちするまでに派手になります。

で、数少ない気持ちよくクリアできたゲームでした。

***

バックストーリーがお気に入りでした。
地下の爆弾工場で働くロボット、ボンバーマン。あるとき噂話を耳にします。
「地上に出たら人間になれるんだって」
ボンバーマンは本気にします。
決行の日に備え、各所にアイテムを隠します。
そして、ついにこの日がやってきた!
ボンバーマンは地上を目指してひとり戦いを開始したのです。

子供だまし?
いやいや、泣けます。孤独な闘いです。
噂を信じてそこまでやるか、という純粋なロボットボンバーマンに涙が出ます。
最近涙もろいので特に。
そして地上に出たボンバーマンの姿は———

願いは叶ったのだ。ボンバーマン。
爆弾というのは、ちょっと怖いが、夢をかなえたロボットなのだ。

***

夢見るロボット、ボンバーマン。
できれば、ロボットなんだから夢なんか見ないで、指示通りに仕事してください。
ロボットはロボットなんだから。

だめ?

***

あと、逃げ道を爆弾でふさいで、自爆以外にはもうなすすべがないときがあります。
そのときは、リセットか自爆なのですが。
自爆も処理落ちを引き起こせば生き残れる可能性があるとかで、覚悟を決めて自爆するのですが。ほぼ死にました。
悲しいですね。自爆は。

ちなみにその後にいろいろ発展したボンバーマン。
PCエンジンだったかな。対戦できるのがあって、燃えました。

おわり

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

プロフィール

HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
地味に創作活動中。
描画ツールはFireAlpacaが好き。
総合的な調整はGIMP。
あといろいろお試し中。

フリーエリア

P R