忍者ブログ

さかだちマンモスの足跡

さかだちマンモスの無軌道な足跡を残していくブログのつもりでしたが、無軌道に疲れたので軌道に乗りたいブログ。(2016.4.29)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思い出の「スキャナーズ」

スキャナーズ。
何のことでしょうかね。
今思い出せば、ある種の超能力者のこと、でいいんでしょうね。

そしていつものごとく「スキャナーズ」の英語タイトルとか、正しいスジなどは覚えてません。
詳細は検索して確認してくださいね。

さて、スキャナーズ。
小学生のころ、テレビの洋画劇場みたいな番組で流れていたのを観たんだと思います。
映画というものがテレビ番組で流れてるんだ、みようみよう、という程度なので、なーんにも考えてないで見ました。

そしたら、誰かが念じてるような表現というか演出があって、きゅう~ん・・・と音がして・・・。

頭が爆裂!

衝撃的でした。すっげ―怖かったですよ。話的に超能力者の仕業なんだ、程度の理解でしたけど。
「誰かに念じられて、頭がきゅう~ん、となって、僕の頭も爆裂するんじゃないだろうか」
と、かなりその後恐怖にさいなまれました。バカなお子様ですが、本気で怖かったのです。

話的にはその後いろいろあったようですが、もう覚えてもいません。
【念じる】【頭爆裂】【スキャナーズ】という図式のみ記憶に残りました。

今思うとSFホラーというようなことになるんでしょうかね。
その後続編も結構作られたよう・・・なんですかね。
知りませんが。

とにもかくにも、最初に見たSFホラー超能力映画がスキャナーズで、トラウマな感じになったのもスキャナーズでした。怖かった、というか気持ち悪かった、という後味。

おわり

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

プロフィール

HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
地味に創作活動中。
描画ツールはFireAlpacaが好き。
総合的な調整はGIMP。
あといろいろお試し中。

フリーエリア

P R