忍者ブログ

さかだちマンモスの足跡

さかだちマンモスの無軌道な足跡を残していくブログのつもりでしたが、無軌道に疲れたので軌道に乗りたいブログ。(2016.4.29)

心機一転のはなし(こっちのはなし)

こんにちは、ほしなとおるです。

 創作個人サークル「さかだちマンモス」を数年間やってみました。
 そんで、このブログも記録としてつけていました。

 結果してかなりの迷走状態になりました。


具体的な迷走


①方向性の迷走
 コメディ好きなんですが「好きなことだけしてていいのか?」みたいな疑心暗鬼がわいて、作品の方向性、演出法がよりまとまりがなく、より混迷して訳が分からなくなりました。

②表現法の迷走
 マンガ好きとしてマンガをつくればいいのだけれど、webアニメーションとか、3Dとか、脇道ばっかり目が行ってしまいました。幅は広がったけれど、本道がおろそかで本末転倒。

③心理的迷走
 これは実感したんですが、朝とか元気なうち、冷静なうちは、けっこう客観的なモノの見方ができて、取捨選択とか現状の分析ができるのですが、疲れたり没頭したり視野狭窄状態になると、どうも自分の願望というか、欲求というか要求が前面に出てきやすい。

 一人で創作しようっていうだけだから、それだけ考えていればいいのですが、余計なことを考えてしまいダメでした。自分以外の何か、読んでくれる人とか、周囲の人とか、家族のこととか。


続けられるかな?

 環境的に心理的に、絶対的にひとりで、周囲を遮断しているような状態ならば、恐らく大丈夫なのかもしれません。ゆらぐ要素がなければ、楽しい創作ができるのだと思います。(結果物の出来はさておき)
 ただ、多くの人に見てもらうとか、作品の出来とか、マンガなど描いてる場合かどうかとか、創作そのものに付随する要素がつきまとうと、非常に心が揺らぎ、創作品にも影響が出るのだろうと思います。(わたしの創作品そのもの出来は悪いとしても、もっと悪くなるだろうという…)


何がポイントだったのか

 環境変化です。

 それによって心もだいぶ変化しています。
 家族が増えたり、どうしても世間との関りが強くなる状況・立場になったりしました。
 心の立ち位置が、現実に引きずられて前面に出たということかも。
 だから、個室とか、ひとりになるとか、好きなモノのある現実感の薄い環境にいると、過去の心が蘇ったりするわけで、現実とややそぐわない心理になったりするわけですね。

 日中含め、家族や周囲と嫌でも向き合わなくてはならないのが通常の環境になったわけです。
 その環境に適した心理、適した作品等でなくては、まともに描けなくなったわけです。


心機一転

 そんなわけで個人サークル「さかだちマンモスは」一旦おわりました。
 HPは跡地として、当時の作品はいい戒めとして削除しないでおこうとは思ってます。
 (なんだこりゃ、という目で見れるので)

 とりあえず、ふたりサークル(相手は嫁ですが)に戻って、やきもきイライラすることもありますが、創作を続けていけたらいいな、と思っております。

 心機一転。

2018年4月27日 ほしなとおる


追伸
 新たな環境を作り出すことが、できればあるいは…

拍手[0回]

PR

さかだちマンモスを終焉させようと思ったんだけど

こんにちは。
ほしなとおるです。

【さかだちマンモスの終わり?】

2014年くらいから始めた【さかだちマンモス】。

本気で終焉しようと思いました。
まあ、このブログを見ている人がいるかどうかはわかりませんが^^;
そしてどうでもいいと思いますが><

「~終焉」という記事まで作成したんですね。
先日まで公開してました。数日ですけど。

【いつまでも、さかだちというわけにはいかない】

嫁さんもいて、子もできて「さかだちマンモス」どころじゃないだろー。
というような現実の問題がひしひしと重圧をかけてくるわけです。

そんで「さかだちマンモスは終わりにしよう」「わたし個人のサークル活動のために家族を犠牲にするわけにはいかない」などと思ったわけです。

それは恐らく、まったくその通りではないでしょうか?
そうでなくてはいけませんよね?

そう思っていたのですが。
このブログにもなかなか目を向けられなかったんでですが。
そんで終焉の記事も書いて、閉鎖にむけた整理をしてたんですが。

【あれれ?】

そういえば、ブログのカウンタもあったな。
5000台の数字になってる!うそ。そんなことあるんだ?
あれれ?見てもらってる部分もあるのかな?何かで怒られたりして(汗)

などと思い、さかだちマンモスの個人サークル活動を続けるやりがいもあるのかな。
などと勝手に思ったわけです。
全部当方の勝手な思惑ですので、皆様は冷ややかな目で見ていただいて、大丈夫ですからね^^

【個人で続ける意味ってなんだろう?】

誰もみないような同人誌だって、社会に放り出す以上、内容に気を使います。
そういう性格なんです、私。
でも、やってみたいこととか、描いてみたいことも多々あります。
「やりゃいいじゃん」という声も聞こえてきそうです。
もうビートルズの「HELP」王様の直訳バージョンのような感じです。

いろいろ見聞きし分かりする年齢になりすぎたのでしょう。
妻子ある身として。

でも「いいトシ」なんて言葉に負けたくないからやってる面もあるわけで。
現実の事情と個人の事情がせめぎあう中で、どうするべきなのか。悩むわけです。
今飲酒中なのですが、少しお酒でも飲まないとこんな文章は書けませんね^^;



「さかだちマンモス」終焉については、思案中…。

拍手[1回]

家事にどっぷりはまる

最近いろいろあって家事に従事してます。

なんでこんな出だしなのかといえば、本当にそればっかやってるからです。
そんなに嫌でもないわけで。

むしろ本気で家事をすると、大変というよりも充実感がすごい。

そのかわり一日が終わるとへとへとになるけれど。

食材、食料、美化整頓、調理に給仕、出納などなど。
無駄を押さえつつも、欲求は満足させる食事をつくりたい、とか。
家の人数が多いほど(二人以上)やりこなせると達成感がある気がする。

自分の視界に収まる、把握できる仕事量とか計算が成り立つからいいんだと思います。

そんなわけで家事にずるずるハマってしまって困ってしまって。

お仕事というのもこれくらいの視界の範囲でできればいいのになあ。
小さい範囲をしっかり守る、という感じで。

だんだん慣れてきたので、少し空き時間がつくれるかな・・・。

拍手[0回]

とある家電量販店というか、おもちゃ屋で

ちょっといてもたってもいられなくなり、ニンテンドー3DSのゲームを購入したんです。

何のゲームか。
モンスターがいっぱい出るアレです。
僕はジョーカー2の目つきの悪い少年が好きです。

さて。

それはともかく、購入店においてアンケートがあったんですね。
私流に受け取りますと「好きな店員の名前と、理由を教えてね」というものでした。

全員を見てるわけじゃないから、このアンケートそのものってあまり意味はないような・・・。
むしろ店員さんの引き締めかな?
とか思いながら、レジで対応してくれたお姉さんの名前を書きましたよ(笑)

店員さん「よろしければアンケートを・・・」
 私  「あ、はい・・・えーと、お名前は・・・○○さんですね(書き書き)」
店員さん「あ、はぁ、すみません。えへっ」

照れ笑いがステキでした(笑)
その照れ笑いが見たいからまた行こうかな?

その際、アンケート用紙に簡単な似顔イラストを描いたので、かなり小足跡とします。


拍手[0回]

聖エルザクルセイダーズの絡みで少々逆上・・・

自分の過去を振り返り、読んだマンガや小説などを振り返っていたんですね。

何はなくとも譲れない「聖エルザクルセイダーズ」という作品がありまして。
級友から教えてもらったんですが、当時ハマったんですね。
紆余曲折あって、まだ引きずっているという恐ろしさ(笑)
大学時代は同人でカードゲームまでつくりましたよ。
まだ原版は私の手元にありますがね!
サークル先輩が超人ロックの同人カードゲームにはまっていて、その辺からゲームシステムの骨組みを組んだ記憶があります。
そのようなハマり方をしていたのですが、懐かしくてネット検索したところ、なにやら立派なライトノベル研究会というページがありまして、そこで大きく取り扱っているではありませんか!

何か逆上してしまってコメントを残してしまいましたよ。
「承認待ちです」とか表示されて、何か大変なことをしてしまったのではないか?と妙にドキドキ。少し後悔(冷汗)
変なコトを書いたつもりはないけど・・・、普段コメントとかしない私なので、逆上してたのは、確かです。

中学時代に読んだ本ですよー。なんとも懐かしいというか。
今でもまだ引きずっているのが、すばらしいですね(笑)
まだ私の中では現役バリバリだったりします。
著者である松枝蔵人さんのパンゲアは掲載誌コンプティークで読んだのですが、高校受験の時期にも重なり、それらの世界から一時期縁遠くなりました。
無事に高校に入った後は、世界がより広がりましたが(笑)
聖エルザのイラストを担当されていた黒点老子、いやBLACKPOINT、いや伊東岳彦先生の流れで宇宙英雄物語、ラムネ&40、アウトロースター(コミックスだけですが)、ゼーガペイン(OVAを借りて見ただけですが)と進むわけです。
この話題で逆上するわりには、激しい追っかけでもなくコレクターというわけでもなく、この程度なんですね(苦笑)
というのも思想というか思考というか、現実世界の捉え方が興味深くて、そういうものが作品のあちこちに散見されるとハッするわけです。そこがよくて、今もその印象があるのです。

あまりこういう自分話をしないのですが、私のトラウマ払拭キャンペーンということで逆上ついでに、ここに小さな足跡として残すこととします。

・・・なんかまだまだ書きたい気がするけれど、パブリックな場でするような話でもないような気もするので、いったんここまでにしよう。うん。

万に一つ、この話題でくいついた方がメッセージなどくれましたら、喜んでこういう話をしてしまうことでしょう(笑)

ということで。

(ライトノベル研究会のページでコメントする際、メアド、名前、ウェブページという入力欄があったけど、ウェブページURL(ここ)はさすがに場違いな気がして記入しなかったです・・・)

拍手[1回]

プロフィール

HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
地味に創作活動中。
描画ツールはFireAlpacaが好き。
総合的な調整はGIMP。
あといろいろお試し中。

フリーエリア

P R