忍者ブログ

そうだったのかブログ

初心者がゲームつくりに、プログラミングに、悪戦苦闘するブログ。

ゆうメールってどうやるの?こうやるの?

ほしなとおるです。

これは「ゆうメール」を使ってみた記録です。

ゆうメールって何?

 ゆうメールは郵便局の郵便サービスのひとつで、旧「冊子小包」のことだそうです。
 3kgまでの冊子を比較的安価に送れる小包、ということですかね。
 詳細が知りたいあなた!郵便局のページでゆうメールをチェックだ!
 
私は何で使ったか?

 着払いで冊子を送付する、という用事がありました。
 具体的にはB5の同人誌4冊を送る必要があったわけです。

 着払いとはいえ、相手方の負担を考えて安く送れるほうがいい、と思ったわけです。
 
どうやってゆうメールを知ったか?
 
 ネット検索で着払い、郵便などと検索したら、着払い可能な送付方法一覧が出ました。
 郵便のHPですね。
 そのなかにゆうメールがあったのです。
 用途として、書籍、冊子、3㎏未満などとあり「これだ!」と思いました。

どうやって送るの?

 まず郵便局の窓口で聞こう。と思いました。
 でも予習もしておこう、と調べました。
 品目や内容物に限定性はありますが(信書は送っちゃダメ)冊子、書籍、電子媒体(CD、DVD)などはいけるみたい、とかありました。
 
 ・封筒などで中身が確認できるように封入口を一部開けて・・・などとありました。
  「???」
  どゆこと?

 ・もしくは一部透明にして中身の概要が確認できるようにして・・・などとも。
  「?????」
  具体的にどーせいちゅうのよ。

 ・差出窓口で見本を見せて封入・・・という方法もあるようで。
  「ものによって、見せるのもどうかと・・・」
  エッチぃものなんかだと、恥ずかしいですね。

 事前に封筒に封入したいので、封筒の封入口を一部分開けて、封をしました。

 3cmくらい封筒のベロ(なんていうのかな?)を片方切ったわけです。
 これで中が確認できます。
 宛名をそのまま書くのか、伝票を使うのかわからなかったので、局で聞くことに。

送れました!

 んで、郵便局。窓口で確認しつつ、宛先を何か記入する用紙に書き、それなりにすんなり預かってくれました、
 信書は入れちゃダメですよ。と念を押されました。
 信書は、ゆうメールではダメですよ。小包ですから。

感想

 とにもかくにも窓口で聞いてみることで、ダメ元でたずねてみるのがいいみたいです。
 何か道が開けることでしょう(笑)
 ポイントは封入口を一部分あけて中が「冊子ですね」と確認できるようにしておくこと。
 あとは窓口の方がいろいろ教えてくれるので指示に従うということで。
 ポストに投函できるようなので、ゆうメールと表に書いて、普通に宛先などを書くだけでも送れるのかな?

 珍しいことをして楽しかったので、かなりの小足跡とします。

拍手[8回]

PR

Luaを勉強してみよう!・・・Zzz(寝てしまったようだ)

えーと、FireAlpacaがとても便利なので、多様してます。

繰り返しになりますが大好きポイントとして。
 ①起動が早い
 ②ペンがスムーズ
 ③見た目どおりの範囲選択
 ④マンガのコマ割りが一発でできる

という感じです。
細かく見ればもうちょっとありますが、大体上記の理由でFireAlpacaを使っています。
TIPSのページもあるようなので、充実すればかなり嬉しい存在になるかもしれません。

で。

ペンというかブラシというか、それがかなり面白く使えるような感じなんですねー。
Luaという言語で作らているようなんですが、ブラシ自作できるってことみたいで。

おー、それはかなり興味深い!
ということで、ブラシ作りができれば面白い線が引けるのかなあーという。

というわけでLuaをお勉強してみよう!
・・・Zzz

はっ!寝ていた!

疲労が蓄積されていると、本当に寝落ちするんですね。
びっくりしただ。

というわけで、お勉強には十分な睡眠が必要ですね!
というだけのお話しでした。

拍手[0回]

Blenderで部屋をつくりたい!1部屋目 壁紙を変更だ

お部屋に壁紙はりたい!
ということで、テクスチャのためにまず素材をGIMPで作りました。
適当に。


うむ。ちょっと模様がうるさい感じだけど。いい事にしよう。

で、壁のテクスチャに読み込む。
座標をグローバルにしてみる。
結果。

おおっ!?

これは!
結婚式場の親族控え室のような雰囲気ではありませんか!(そうか?)
これくらいの部屋は、きっと、ありますよね!ね!

わーい。いい部屋だ。

今回のポイント

素材的にちょっとうるさい模様でも、座標の指定、敷き詰め方の指定によっては、うまく見えることもあるみたい!まずは、やってみてから考えよう!と言う感じ?

次回の目標

オルガン

まあ・・・ちょっと目的がそれるけど、興が乗ったらやるということで。
あと、窓付きの部屋に改装しようかな?

拍手[0回]

Blenderで部屋をつくりたい!1部屋目 アペンドのこと

今まで、イス、ソファ、カーペットと家具をつくってみました。

とくれば部屋です(笑)

そろそろ、部屋がほしいなあ。
今までの家具を並べて、にんまりしたいなあ。

よしやろう。
まずはイスのデータとソファのデータを同じ画面上に・・・。
・・・?

どうやんの?

アペンド

さあネット検索です。一発で見つかりましたよ!
アペンドです。

ファイルメニューにありました!
データ取り込み、というニュアンスだと理解しましたよ!
アペンドなんて、難しい名前しおってからに!

調べたところ、オブジェクトのみならずマテリアルだのテクスチャだの、細かく取り込みができるみたい。
逆に全部一括で、という指定はないのかな?
よくデータの構造を把握してる必要があるようですね・・・。

そんで、アペンドしまくって、適当にカベをくっつけて部屋をつくりました!


証明を三つにして、パワーを全部控えめにしてみました。
カメラ角度もデフォルトからやや調整しました。

うむ。なかなかいい部屋じゃないかね。
とってつけた感じがまた。

水曜どうでしょうの粗大ゴミでつくった家のよう。
あ、ならオルガンも置かなくちゃ(笑)

今回のポイント

データ取り込みは アペンド!

次回の目標

もうちっと「しっくりくる」部屋に改装する。

オルガンつくってみるとか(笑)

拍手[0回]

Blenderで絨毯をつくりたい!4枚目 テクスチャ絨毯

パーティクル、ヘアーでオブジェクトに毛を生やす。
平面オブジェクトに毛を生やす。
面を細かく分割して、頂点グループ化で色分けして模様を描く。
あと細かい模様は根性で設計・・・。

もっとカンタンにならんかなー。テクスチャで何とかならんかなー。

と、情熱に火を点し、ネットで検索。先人の知恵を拝借。

むむ?できるかな?

テクスチャで絨毯

まずは絨毯用のテクスチャを用意します。

Gimpで自作した、なんか毛っぽい画像です。
カーペットの写真からブラシ化したのを使って適当につくりました。

で、いつもの平面メッシュを用意。

マテリアルを一個作って、テクスチャを一個作る。
テクスチャの種類では「画像または動画」を選んで、画像という項目で「ファイル開く」から今回用意した画像を開きます。
(というわけで、画像上のプレビューで表示されています)

前に「木目」とか用意されてたテクスチャを使ったことはあった。
今回は用意した画像を使うというだけで、やることは同じですね。きっと。

で、そのままレンダリング。

うん。
カーペットです。模様のついたカーペットです。完成!

・・・って。
フェイクのビニル製の壁紙のような感じ・・・?

もう一声!頑張りましょう!

バンプマップ

そう、どこかのチュートリアルで「バンプマップ」というのを見ました。
平面だけど、光の反射の計算で、でこぼこに見せかける!という技だとか。
「影響」という項目にありました・・・。チェックのポン。


ジオメトリの「ノ」の項目を5に設定。(デフォルトの1では変化量が少なすぎたので)
バンプマッピングの品質は最高。空間はビュー。
(意味はわかんないけど、色々試してるだけです)

うん。なんかカゲとか光らしき点が出たりして、質感が出た気がする。
こういう感覚でいいのかな。

スペキュラの「カ」にチェックしたら、白いノイズみたいな点が消えて自然ぽくなった。


あとは、いろいろ設定項目をいじりまわして、身体で色々覚えていけばいいのかなと。

マッピングの座標を「生成」から「グローバル」に変えたら、少し密な模様になった。

生成は画像を当て込んで引き伸ばしたり縮小したりして使う感じ?
グローバルは端の点を合わせて貼って、足りないとこは別項目の設定に依存かな。

画像がオブジェクトより小さかったから、空いた部分はリピートして埋めてるみたい。
(イメージマッピングにそういう設定項目があった)

せっかくなので、同じ画像テクスチャを重ねてみる。

うん。
・・・もさもさ?

今回のポイント

テクスチャでの質感にはバンプマッピングがある。
影響のジオメトリの「ノ」にチェックして設定だ。

思ったこと

素材とやり方の兼ね合いかもしれないけど、ちゃんと質感を与える場合、テクスチャでも詳細の設定とか重ね方とかを修練しないと「ホンモノ」っぽく見せるのは難しそう。
でも、かなりいい線いくかも。
毛を生やすよりPCの処理が軽くてうれしいかも。早くて。

次回の目標

今までつくった、イス、ソファ、絨毯をつかって、ちょっとした部屋をつくりたい。
じゃあ、窓とカーテンも必要だ。うん。
まずは窓とカーテンを作ろう。

ということで窓とカーテンです。(景色ってどうしよう)

拍手[0回]

プロフィール



HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
PCで創作活動してます。
作画ツールはFireAlpaca、GIMP。
最近UNITYをお勉強中。

フリーエリア

P R