忍者ブログ

さかだちマンモスの足跡

さかだちマンモスの無軌道な足跡を残していくブログのつもりでしたが、無軌道に疲れたので軌道に乗りたいブログ。(2016.4.29)

アリオンの思い出

アリオン。

はい。詳細や設定、正しい内容をお知りになりたいかたは、検索して正しい知識を身に着けることを推奨します。

昔そういうアニメ映画があったようで。
私は当時の友達と一緒にビデオを借りて見ました。

簡単なスジ。
西洋の神話の時代をベースにしたような世界で、人と神サマが混在しているような状態。
そんな中で過酷な運命に翻弄されつつ、がんばって戦って生きる少年がアリオン。

確かそのような感じだったような。

ポセイドンとかハデスとかゼウスとか耳慣れた神様の名前がフツーに出てくるので、そういう感じなんだなーと思えばいいと思います。

思い出なので勘弁してくださいね。

今思うと、ティターンという神様一族がいて、人がいて、アリオンは混血・・・だったのかな?アリオンの出生のくだりはそれなりにごちゃごちゃしてるので、あまり覚えてないですね。

人間が神様に反乱を起こすのが最後の戦いで、アリオンは旗印にされるわけですね。

好きな女のコが神様一族のひとりに捕まってオリンポスというところにいる。
どうにかして助け出したいなぁ、という希望と、反乱軍の希望がまあ反れてなかったので、そういうことになったと。
「ぼくはティターンの子だ!」
「ぼくは好きなコを助け出しに行きたいだけなんだけど、いいんだね!?」
アリオンが状況に翻弄されつつ、反乱軍のみんなに対して檄を飛ばすことになります。(その状況にもってかれただけで、本人は反乱云々など、そんな気は毛頭なかったのでしょう)
みんが盛り上がってくれたので。
「いこう!オリンポスへ!」となります。かなり燃えるシーンです。

そんでまあ大きく戦いが盛り上がって、最後は神様と対決。好きなコが最強な力で神を倒して、結果して生き残ったのはアリオンと女のコでしたと。

そんで人の世がきましたよー、的な感じだったのかな?

***

さて、いくらでも思い出す部分はありますが。

印象に強いのは最初の方の部分ですね。幼児のアリオンが冥界の王ハデスおじさんに連れていかれて、戦士として鍛えられるというか、教育されるというか。
幼児ながらサイクロプスなどと戦わされます。
当然勝てるわけないのですが、俊敏さで攻撃を何とかかわし、ヒットアンドアウェイでやりすごし、ハデスが投じた剣を手に取り、肩で息をしながらサイクロプスをねめつけます。
気迫によってサイクロプスを調伏した幼児のアリオン。
これは燃えます。
やっぱり少年はこうでなくっちゃ。という見事な気迫がたまりません。

その後サイクロプス(名前はギド)を従えながら、旅に出たりするのですが、いい関係性なので見ててほほえましい限りですね。

神様同士のケンカとか人間との争いとか、政治的な話とか、恋愛的な話とか、親子の話とか、男女の話とかが入り混じってて、アリオンはいろんな事情に首をつっこむハメになって、世の中をよく見るわけですね。最後は神様と論戦するまでに。見ものです。

***

そっち系の神話に詳しいと、神様のやってることの事情とか性格とかがなるほどそうか、と思える部分が多々あるのでしょうけれど、知らなくても「こういう性格なんだな」というのが分かりやすいので、まとまりとして問題なく見れる気がします。

といっても思い出の中の話なので、見返したら、全然違う印象になるかもしれませんねえ。

あ。

アリオンがハデスを殺して呪われるシーンはトラウマな感じで素晴らしく怖かったです。
「のろわれるがいい!」というセリフが印象的です。
呪いってどういうニュアンスのものか、すこしわかるようなきがします。

セネカちゃんのこと。
はねっかえりの元気少女で、盗人、少年として生きないと生きてけないという「どろろ」のような子がおりました。
今思えば「どろろ」と「百鬼丸」のような関係性で腐れ縁で旅を続けるので、まんまそうなのかもしれない?と思ったりしました。
萌えキャラなどより、こういう生々しいコのほうがカワイイと思う私でした。

おわり

拍手[0回]

PR

聖闘士星矢の思い出

聖闘士星矢ー!!

というわけで聖闘士星矢のことを思い出してみようと思います。
聖闘士星矢を知らない方は、調べればいくらでも出て来ると思いますので検索してみてください。
なお、思い出のため、資料も確認もしないで書きます。
間違ってる部分は記憶違いなので、そういうもんだと思ってくださいまし。

さて。

聖闘士(セイント)という読み方の方々がいます。
女神を守るための肉体派の戦士たちということでいいと思うのですが。
管理団体から正式に「聖闘士」として認められると、ちょっとテンションが上がる装飾具として聖衣(聖衣)というものをもらえるというわけですね。

枠に限りがあるので、希望者を競わせて、合格なり一等賞になると特別なものを授けて客観的に「おれが合格者だぜー」という満足感とか特別感を与えるんですね。

とにかく主人公も見事、外国で一等賞になって聖衣をもらうわけですね。
これがあれば名実ともに聖闘士だぜー、というわけで。

聖衣ってやっぱりテンションを上げるためのものなんじゃないかなーって今は思う。

***

あとは、音速の拳というのが記憶に残ってる。

聖闘士は秒速300メーターとして、それくらいの拳を放てるという。
「ど、どういうことですか!?」
「つまりだ、相手との距離が1メーターなら・・・」
1秒間に300発の拳を放てるということだ!!

すごいですね。

恐らく相手との距離が300メーターなら1秒間に一発の拳が、当たるということになるのでしょうかね。
近ければ威力が増し、遠ざかっても威力はともかく、拳が届くのです。

これは聖闘士が聖闘士たるゆえんなのでしょうか。
そして、おそらく大事なのは、聖闘士の拳は、拳にあらず、ということなのではないでしょうか。

恋愛を考えてみます。
遠距離恋愛はやっぱり、実りにくいもの。だって遠いのだから。物理的な距離感に心はなかなか対抗しずらいものではないでしょうか。(近くにいると、それはそれで揉めることも多いかもしれませんが)

聖闘士の拳はそのような精神エネルギーによって支えられているのだと思うわけです。
声、というか。
マシンガントークのように、近距離ならあびせかけ、遠距離ならでっかく叫んで、とにかく声を届かせる。

聖衣をまとえばさらにテンションアップ。しゃべくりまくりになるのでは。

***

さておき。

聖衣という模型を分解して装着するギミックのようなものにいたく感心しました。
自分もマネしてオリジナルの聖衣みたいなものを描いて分解図を描いてみたものです。(つくるまではいかなかった。自分で着たいのではなく、だれかに着せたいというタイプでした)

あとは。

聖域における黄道十二宮での、黄金聖闘士との闘いを・・・最後まで見ることなく、なんか自然に見なくなってしまいました^^;
「星矢は?お嬢さんは?仲間たちはどうなったの!?」
みたいなことは、何一つ思いませんでした(笑)
乙女座のシャカという人が「オーム」といって星矢たちを吹っ飛ばしたり、目を開けて、みんなが恐れおののいて・・・みたいなシーンを最後に記憶が途切れております。

たぶん、当時の私にとって「どうでもいいか」という感じだったのでしょう(ひどい)

むしろ。

過酷な戦いに赴く星矢少年が、孤児院時代からの馴染のミホちゃんと対話するシーンがありました。
「星矢ちゃんかわいそう」とミホちゃんは言います。
同年代の少年は楽しく青春を謳歌しているのに、星矢は命をかけた戦いばかりなのだから、という心情から出た言葉のようです。
しかし星矢は言います。
「それは違うんじゃないかな」というようなことを(うろ覚えなので、すいません)
要は、命を燃やし尽くして充実して頑張っていることが青春の証だというようなことをいうのですね。
決して周りのみんなに合わせて面白おかしく遊んでいることだけが青春だというわけではない、だからかわいそうではないんだよ、とミホちゃんを諭します。
ミホちゃんが星矢にどんな感情をもっていたのかはわかりませんが。引き止める女を星矢は振り切って青春を燃やす戦いに出るわけですね。

このくだりだけで、聖闘士星矢はもう十分なんじゃないかな。と思いましたとさ(笑)

で。

今思い返せば、客観的にみてツッコミ的な部分とかパロディとか、お笑いのようなものが多々出てきます。
でも、創作物が、たとえコンテンツ的だとしても、主観から主観への伝達されるものだとすれば、客観的な視点でのツッコミは野暮で無意味で非道いことなんじゃないかと、最近は強く感じます。
設定とか物理法則とか、そんなんどうでもいいんです。

・・・でもパロディとか大好物なんですよねー。本気で聖闘士カシオスとか見たいなーとか思ってしまうくらいなので(笑)
星矢に偶然勝ったばかりか、星矢の打ちどころがわるくて死んでしまう。星矢の日本での事情を聞いて正義に目覚め、償いのために「俺は星矢として生きる、意思を引き継ぐ」と決心し、真のペガサスの聖闘士として成長していくカシオス。小宇宙にも目覚めて最後は黄金聖衣まで装着しちゃったりします。
ミホ「星矢ちゃん、ギリシアから帰ってきたら、その、なんていうか、たくましくなったというか・・・見違えたわ」
カシオス星矢「グロロロー、そんなこたねえ、俺は星矢だ。俺は昔からこんなだど」

あとは星矢として自他ともに認める立場を築き上げ、ハッピーエンド。

おわり


拍手[0回]

あらためましてこんにちは

現在2016年4月29日であります。

はじめましてこんにちは、またはこんにちは。
ほしなとおるです。

同人誌を描いて、見てもらったり、委託してみたり、電子書籍にしてみたり・・・。
いろいろやってみてます。
いろいろやってみたい人です。

このブログでは管理人の思い出とか興味をもったこととかを、なるたけ見やすくお伝えできればなあ、という方向性で構成していこうと思います。
主に、好きだったものとか、好きなものとか、気になることとか、調べたこととか、やってみたこととか。ですね。

ひとつ大きな目で見てやってくださいまし。

さておき。

ここのページを用意したのが2013年何ですね。もうかれこれ数年が過ぎたわけですね。
ふわふわしたまま初めたのですが、いろいろあってふわふわしたままで居れなくなってきたんです。

なので、さかだちマンモスも、ふわふわ感が少し変わってくると思います。
もう少しテーマ分けとかして、見やすく楽しい場所になるようにしていこうと思います。

これからはさかだちは深い深い心の中だけにしようと決めました。

拍手[0回]

「薬用魔女」できました

はい。
「薬用魔女」できました。
きたる2016/5/5コミティア116の新刊として頒布開始です。


くどいくらいですが、こんな表紙であります。
いかがわしいですね。
中身はセクシーコメディです。

原稿制作中のことを少々記します。

今回はFireAlpacaメインで補助にGIMP2.8を使用。
原稿のトーン化(網点化)は行わず、グレースケールのデータのままの中間色で入稿しました。
つまり、スクリーントーン的な変換は行わなかったわけですね。点々の。

なのでぬるっとした質感になるのかなあ。というイメージなのですが・・・。

作業の手間が一つ解消されたのですが、網点そのものの良さというか、存在感がなくなるので好きとは言いにくい感じです。
あと、完全PC作業でそれはそれでよかったのですが・・・。タブレットというものの扱いの感覚がまだしっくりこない感があります。
タブレットの面に専用ペンをあてますが、だんだんペン先が引っ掻き感が強くなってきたりしました。
ペン先が欠けたのかもしれません。筆圧が強いからだと思いますが。
あと、タブレット面をこするときの感覚で、なんともシューシュー嫌な感じの引っ掻き感が出てくるのも、気分的にはちょっと・・・な感じもあります。
いい点と悪い点がたくさんあるなあと思いました。
かなり極端な気がします。

で。

それはさておき、中身的な事を少々。簡単に言えば個人的解釈のロリビッチコメディなわけです。
中身がビッチな感じの子ってことだと思うので。
ただ、雰囲気的にそのようなことをあとがきに残すのはやめようと思ったので、ここに記しておきます。

さて、そのようなわけで、一つよろしくお願いします。

拍手[0回]

新刊は「薬用魔女」@5/5コミティア116 F43bさかだちマンモス

こんにちは、ほしなとおるです。
タイトル通り、2016年5月のコミティア116に出す新刊は「薬用魔女」です。

【B5版・漫画・本文40ページ・予価¥600】

妖しいですね。
妖しいんですよぉ。
そして怪しい記号ですねえ。何でしょうねえ。

【内容のちょっと紹介】
 女性の肌を見ると目から血が出る奇病にかかっている青少年がいた。
 主治医の紹介により、その筋の専門家ー魔女が施療にやってきた。
 静かに過ごしたい青少年を挑発する魔女、その名は黒羽ラシル。
 果たして青少年の奇病は治るのか———

というドキドキ部分の多めなセクシーコメディになっております。
ストレスを無意識にためすぎると身体に不調がでちゃうぞ、というお話です。

イベントに行けない方は、委託による通信販売、電子書籍版も用意しますので、よければ見てやってくださいまし。

 ではではまたまた

拍手[0回]

プロフィール

HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
地味に創作活動中。
描画ツールはFireAlpacaが好き。
総合的な調整はGIMP。
あといろいろお試し中。

フリーエリア

P R