忍者ブログ

そうだったのかブログ

初心者がゲームつくりに、プログラミングに、悪戦苦闘するブログ。

【ゲームつくり帯・その2】ミニゲームをつくるのさ 企画・下準備

タマ天空打ち


こんにちは、ほしなとおるです。


謎の見出しの正体は?謎の画像の正体は?

いったい何か?

それは…、

ほしなとおるが頑張って作ったミニゲームでーす!!
やったー、できたー!

…と浮かれている場合ではありません。

ゲームを作ろう!と決めてからここまで来るのに、1か月とちょっと。

具体的にやったことは…

 ・企画、設計
 ・スクリプトの基礎のお勉強(説明できないものはかたっぱしから検索)
 ・unityエディタで作業
 ・素材つくり、素材集め
 ・微調整
       …などなど。

経験が詰まった習作となったわけです。
 ↓
 
(ゲーム投稿プラットホームサイト「PliCy 無料ゲームのプリシー」)
みんな遊んでみてねっ^^
初心者がつんのめって作ったゲームだなって、若気があふれてくるようだよっ。

どんなことがあってここまで来たのか、順を追って、トラブルには解決法をふまえて記していきたいと思います。
(初心者の私には困難の連続でした…)

どんなゲームを作ろうか?企画・設計設定

今は、PCとネットワークと携帯端末があることで、ゲーム開発環境がかなり容易に整うのではないでしょうか。
開発ツール、技術的な情報、先人の体験談なども無料で手に入ります。

しかし時間は有限。

というか、おっさんであるほしなとおるさんは、若い人に比べればおそらく必ず早く死にます。

すでに時間がありません(笑)

そして今までの経験から「設計をしっかりしておかないと、後で悩んで時間を余計に浪費する」ということがわかる大人になりました、わたし。
(とりあえず作業を進めようとして、悩みが発生し長期中断…とか)

そこで『何をどうする、どんなゲームをつくるのか』を書き出しました。

①一人で作るんだし、時間もないし、ゲーム作り初心者だから、ミニゲームをつくろう。
②ひとりでゴムまりをポンポン打ち上げてたら楽しかったから、これをゲームにしよう。

この2つを軸に始めました。

…このときは、まだUnityの存在など知りません。
どのように実現する気だったんでしょうね?(笑)

ある程度の設計・設定



B4の白い紙一枚に、画面の見た目、何がいて何をして、どうするゲームなのか、ということを、とりあえず覚書ていどに羅列しました。

「メインのゲーム画面があって~、ここにプレイヤーがあって、ボールがあって~」
「バットでボールをポーンと打って~、ミニゲームだから操作ボタンは1つだけで~」
「たか~く打ち上げたら、成功!というエンディングにして~」

夢は膨らみます。

このとき夢を広げすぎても失敗するので、夢はB4の紙一枚にとどめます。

「あ、タイトル画面があったほうがいいな」
「エンディングも成功と失敗と…そうだ!大成功があったほうがいいぞ!」
「ストーリー部分もいれちゃおっかな~」

B4の紙の裏面に夢が広がってしまいました。

(そして作業的に苦労することになる)



「ゲームなんだから、ボールはネコにしてしまえ。打つのは少女だ」
「普通にネコを打ったら動物虐待だな。ならばそういうのが可能な特殊ネコに設定しよう」
「少女のバットをなんか凶悪な特殊器具にすれば、天空まで打ち上げられるのではないか」

そのようにして…

 ・構成
 ・ゲーム画面構成
 ・キャラクター設定
 ・必要な素材(音、絵)
 ・素材つくり作業時間見積もり

などなど、後で「何をしたらいいのか迷う」ことのないように決める部分を決めました。


自作の作業工程表。A4用紙に適当に。

プログラム的な問題

さて、具体的にゲームをつくるためにはゲーム開発環境を整えないといけません。

「何を使えばいいのだろう…」

わたしは、いくつもある開発環境・プログラミング言語を選ぶことができず悩みました。
悩んだら検索。HTML5、ゲームつくる、とか。

『ゲーム開発エンジン』『厳選フレームワーク〇選!』などの記事が出てきました。

「フレームワークってなんぞや?」

…謎の用語が出るたびに検索をかけるものの、ぼんやりとした感じしかわかりません。

 ゲームというのはプログラミング言語でつくるんじゃないの?
 フレームワークってなに?
 ゲームエンジンってどういうこと?
 

意思で選択肢を絞り込み、どれかひとつを選び取るのは大変な労力です。
「ミニゲームだし、そんな本格的なツールでなくても…」
「プログラム言語を扱えるだろうか…?」
「選んだ環境が、目的に合致しなかったら、また選びなおしだろうか…」
弱気と疑心暗鬼がつきまといます。時間がないおっさんなわたし。

 そこで、ゲーム投稿サイトで、自分が遊んでみたミニゲームで比較的よく利用されている開発環境を選ぶことにしました。
 目についたのが…。

「Unity…?」

この時初めて、Unityという謎めいた字面を知ったのでした。


その後、先人たちのブログ記事のを読みながら、なんとかUnity導入も無事に済み、いよいよ開発画面と対面することになります。

次回『【ゲームつくり帯・その3】ミニゲームをつくるのさ Unityとの対面 』
Unityの開発画面を前にして、いよいよ何をどうしたらいいのかわからない状況が発生したほしなとおるさん。その時の状況と様子を記します。



拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール



HN:
ほしなとおる
性別:
男性
自己紹介:
PCで創作活動してます。
作画ツールはFireAlpaca、GIMP。
最近UNITYをお勉強中。

フリーエリア

P R